インドのインターネット利用者が 3 億人に達するも、うち 2/3 は適切なサービスを利用できず
 
MotionPoint 画像投稿者:MotionPoint
2015年1月23日

インドのインターネット利用者が 3 億人に達するも、うち 2/3 は適切なサービスを利用できず

インドは、世界で 2 番目に多いインターネット利用者数を誇るものの、その消費者の 3 分の 2 はほとんどのオンラインコンテンツを読むことができない状態にあります。しかし、解決策はあります...

 

インドのインターネット普及率は驚異的な伸びを示しています。インド・インターネット & モバイル協会が最近発表した統計によると、インドでは過去 2 年間でインターネット利用者が新たに 1 億人増加し、インドのオンライン人口は合計で 3 億 200 万人となりました。現在インドは、オンライン人口が世界で 2 番目に多い国となっています (1 位は中国)。

しかしながら、拡大を続けるこの市場は大きな問題に直面しています。インドのインターネットユーザーが閲覧する世界のウェブサイトは、ほぼすべてが英語版であるということです。しかし、これら利用者の 3 分の 2 は英語を理解できません。インドのインターネット利用者のうち、適切なサービスを受けていない人の数は数億人に上ります。

ブルームバーグビジネスウィークの記事によると、近いうちに「インドのインターネット利用者数は 5 億人に達する」とみられていますが、「そのうち 3 億人は英語に堪能ではない」と推測されています。

インド都市部の中産階級では多くの人々が英語を話しますが、その他大部分のインド人はヒンディー語などの現地語のみを読み書きすることができます。発展を続ける(そして影響力を増し続ける)この市場と実質的につながり、かつコミュニケーションを図るには、企業は、インドの人々が実際に使い、理解する言語にローカライズされたオンライン体験を提供する必要があります。

世界情勢に通じている企業は、インド市場向けにローカライズされたウェブサイトの構築に着手しています。MotionPoint のプラットフォームは、新しい国際市場に適した言語でその市場とつながり、そして成功を収めることができるよう、企業を支援します。ヒンディー語も、タミル語も、グジャラート語も、おまかせください。

英語を話さないインド人のインターネット利用者が直面している問題について詳しくは、こちらのブルームバーグビジネスウィークの記事をご覧ください。

 

MotionPoint について

MotionPoint は、世界中の市場にいる新規顧客の暮らしに魅力と活力を与えることで、ワールドクラスのブランドの成長を支援します。

MotionPoint のターンキープラットフォームは、革新的な技術、ビッグデータ、世界に通用する翻訳チーム、国際マーケティングの専門知識と融合し、世界で最も効果的なウェブサイト翻訳サービスをもはるかに超えた価値を生み出しています。MotionPoint のアプローチは、これまでになく競争の激化するオンライン / オフラインの世界市場で成功するために必要な品質、セキュリティ、拡張性を保証します。

 

世界をリードするエンタープライズ グローバリゼーション プラットフォーム

お問い合わせ