右肩上がりの韓国 M コマース、その繁栄の理由
 
クリス・ハッチンスの写真投稿者:クリス・ハッチンス
2015年6月18日

右肩上がりの韓国 M コマース、その繁栄の理由

韓国ではスマートフォン普及率が 70% を上回っており、M コマースは2014年に売上を 2 倍以上伸ばしています。韓国の消費者が各自の使用端末でサービスを利用できるよう対応する方法についてご覧ください。

 

弊社は韓国においても順調に足場を固めつつありますが、今回は中でも近年驚異的な成長を見せているモバイル E コマースに焦点を当てます。

以前お話ししたように、韓国はオンライン進出の絶好のターゲットとなっています。韓国は世界で最も裕福な国のひとつで、PPP は世界でも第 13 位、その額は 1 兆 8,000 億ドル近くにのぼります。(GDP における同国の経済規模はアジアで 4 番目)。またテクノロジーにおいても先進国で、工業化が非常に進み、目覚ましい記録的な経済成長を遂げてきました。海外戦略の課題でもお伝えしましたが、同国の経済は 50 年間にわたり平均 7% のペースで成長しています。弊社との取引は、そのうちわずか 2 年間に過ぎません。

韓国はオンライン利用者が非常に多い国です。 住民の 84% 以上がインターネットにアクセスできる環境にあり、平均接続速度は世界でもトップです。また、Wi-Fi のある公共の場所が世界で最も多いと言われています。韓国ではほとんどの年齢層がオンラインを積極的に利用し、その普及率は 100 % 近くに達しています。

これらの力強い経済、インフラ、社会的な要因が、とりわけオンラインマーケットプレイス進出を計画する企業が成功するための条件を満たしています。

これまで、米国の企業が韓国語の E コマースサイトと立ち上げ、ショッピングの「Jikgu」現象に乗じることで大きな業績を上げる様子をご紹介してきました。では、モバイルの E コマースについてはどうでしょうか?事業拡大を続ける企業は、この分野にもリソースを投資し、マーケティングを行うべきでしょうか。

答えは「その通り」で、それだけの価値があります。ウォール・ストリート・ジャーナル昨年の報道では、韓国の携帯電話利用者のうち、70% 以上がスマートフォンを利用していることが紹介されました。(最近の他の報告では 75% という概算値も出ています)。これは、アラブ首長国連邦に次いで世界で 2 番目に高いスマートフォンの普及率です。またブルームバーグ最近の報道で、韓国が超高速 4G LTE 携帯ネットワークの普及において世界をリードしているとしています。

ネットワークが高速でデータプランが安価なことから、韓国の人々はスマートフォンの利用に長い時間を費やしています。時間のかかる電車通勤での利用はその典型と言えます。

さらに今週、eMarketer が集計して発表したデータから、M コマースの市場における驚くべき成長が明らかになりました。なんと、韓国の M コマースが2014年に売上を 2 倍以上伸ばしたのです。その内容によると、B2C E コマースの売上は、2014年第 1 四半期のモバイル端末において 79.2% 増と、前年同四半期における B2C E コマース総売上成長率の 4 倍以上を記録しました。

M コマース売上の内訳については、旅行およびファッション小売分野が今四半期の最大シェアを占めました。また、今年の第 1 四半期は、韓国のオンライン小売業者が行った E コマースにおける全取引の 50% がモバイル端末によるものでした(昨年は 45%)。韓国では 40% の人々が商品の情報収集にスマートフォンを利用し、同じく 40% 近くがスマートフォンを通して商品を購入しています。

MotionPoint の見通し

それでは、こうした情報通でスマートフォンと密接につながっている顧客をどのように獲得すればよいのでしょうか。 ボーダーフリー社のこの情報をご参考ください。同社は、エンド・ツー・エンドのウェブサイト チェックアウトサービスと満足度の高いソリューションをグローバル市場向けに提供しています。企業は、顧客が選んだモバイル端末でオンラインショッピングを利用できるよう努めなければならないのと同時に、端末が最も頻繁に使用されている場所も考慮しなければなりません。

つまり、ジオターゲティングによる補完的な積極的な顧客への働きかけとともに、モバイルマーケティングの取り組みを上手に利用しなければならないということです。

その理由はここにあります。 ボーダーフリー社のリサーチによると、韓国の E コマースは、その取引のほとんどがソウルまたはその付近で行われています。それもそのはず、韓国では 20% の人々が首都圏内に住んでいるのです。そのため、モバイル向けのジオターゲティング広告をこの地域に導入することが住人の多くにリーチするうえで非常に効果的です。

韓国のその他の都市はソウルに比較して人口が格段に少ない一方(釜山(プサン)340 万人、仁川(インチョン)270 万人、大邱(テグ)250 万人)、韓国人の 85% が都市部に住んでいるとボーダーフリー社は報告しています。ここでも、直線型なジオターゲティング方式の顧客へのリーチの取り組みが有効なことがお分かりいただけるでしょう。

企業はまた、できる範囲で現地通貨による決済を選択できるようにしなければなりません。世界の決済事業者向けにニュースと各種分析情報を提供する「The Paypers」は昨年、韓国の決済プラットフォームに関する役に立つデータを含む、有益なダウンロード対応レポートを発表しました。同社はその中で、Visa、MasterCard、アメリカン・エキスプレスなど、従来の決済手段をいくつか取り上げ、「クロスボーダー E コマース取引において最も広く受け入れられているクレジットカード」と評しています。

しかし企業は、韓国内で事業を展開する他のブランドのカードにも対応が可能であり、その必要があります。韓国のモバイル決済方法にも同じことが言えます。これは、モバイル利用における「閲覧」と「購入」の間にある壁を取り除くための強力な方法です。

このアプローチには、国際決済の処理を専門にする決済サービスプロバイダー、Digital River が賛同しています。

同社は最近の記事で「国内発行のカードへの対応は、消費者と決済処理の両面において理にかなったものです。オンライン E コマースの小売業者は、即時決済のインターネットバンキング、電子資金取引、モバイル決済を取り入れることで販売を大きく拡大することができます。」としています。

また、グローバルブランドのカードにしか対応しなければ、売上が市場の 20% にまで縮小する恐れがあることを指摘しています。

ここで一度、ボーダーフリー社に話を戻します。今度は韓国に関する最近のレポートを見てみましょう。同社は「韓国人は旅行や留学で米国を訪れることが多く、彼らは米国のブランドに親しみ、海外から商品を購入した方が得だということを強調しています。しかし、ショッピングの際の快適さや、サイト利用から最終的な商品の購入に結びつくかどうかという点では言葉の壁が非常に大きく、翻訳したコンテンツの提供が強く望まれます。」としています。(太字は引用者によるもの)

世界 No.1 のエンタープライズ向けウェブサイト ローカライゼーションのプロバイダーとして、MotionPoint はこの意見に同意します。韓国での順調な売上を望む企業は、ウェブサイトとデジタル戦略の取り組みを行動に移さねばなりません。これが韓国でのモバイルトラフィックとエンゲージメントの獲得、ひいては収益の獲得につながります。

また「言語への対応」以外にも取り組むべき課題があります。それは、消費者のショッピング体験を最適化し、継続的に反響を生み出すことのできる、市場に特化したローカライズ済みのコンテンツや特集を消費者に提供することで、こうした取り組みは実に大きな効果があります。

米国の E コマースサイトではすでに、ブラックフライデーなどの主要な特別セール中に韓国の利用者による売上の急増が見られます。韓国の消費者は、高額な米国の商品に上乗せされる関税の支払いに抵抗を感じません。関税を考慮しても、米国の商品の方が韓国の同じような商品よりも安価であることがその理由です。

弊社では、ローカライズによる販売を取り入れることで、こういった売上の急増を韓国国内市場でも(市場に合わせた頻度で)簡単に再現できると考えています。誰もが喜ぶセールですが、とりわけ韓国の消費者はセールに対してかなり熱狂的と言えるかもしれません。データを見ると、韓国ではオンラインセールに対する反響が一段と強いことが分かります。

ボーダーフリー社は「オンラインコミュニティに掲載された特価商品は、あっという間に話題になります。値引きした在庫商品の売上比率は、弊社のネットワーク全体で韓国が最高でした。」としています。

言語の翻訳、継続的に反響を生み出すローカライズ(マーケティング、商品の発売情報、特別セールなどを含む)を進んで取り入れる企業は、韓国のように熱烈な購買意欲を持つ市場で大きな業績を上げることができるでしょう。

お客様の会社でも、韓国オンライン市場への進出を真剣に考えてみませんか? MotionPoint にご相談ください。 韓国での「グローバルな成長」を目指す弊社の専任チームが、韓国で一般的な決済方法を韓国語で案内するなど、スマートフォンを通して韓国語で韓国の人々とつながるための計画づくりをお手伝いします。

 

Chris Hutchins

マーケティング コミュニケーション スペシャリスト

Chris Hutchins helps produce MotionPoint's marketing and sales materials.

 

MotionPoint について

MotionPoint は、世界中の市場にいる新規顧客の暮らしに魅力と活力を与えることで、ワールドクラスのブランドの成長を支援します。

MotionPoint のターンキープラットフォームは、革新的な技術、ビッグデータ、世界に通用する翻訳チーム、国際マーケティングの専門知識と融合し、世界で最も効果的なウェブサイト翻訳サービスをもはるかに超えた価値を生み出しています。MotionPoint のアプローチは、これまでになく競争の激化するオンライン / オフラインの世界市場で成功するために必要な品質、セキュリティ、拡張性を保証します。

 

世界をリードするエンタープライズ グローバリゼーション プラットフォーム

お問い合わせ