メキシコにおける E コマースの機会はまもなく「成長の転機を迎える」、アナリストが指摘
 
クリス・ハッチンスの写真投稿者:クリス・ハッチンス
2015年6月04日

メキシコにおける E コマースの機会はまもなく「成長の転機を迎える」、アナリストが指摘

成長を続けるメキシコの E コマース業界において、米国のブランドが事業を拡大し、新規顧客を獲得しています。弊社独自の分析によると、メキシコの消費者による利用額は米国のヒスパニック系消費者をはるかに上回っています。

 

新たなオンライン市場への進出を目指す企業の方々に、Forbes.com に先週掲載されたこちらの素晴らしいインタビューをお読みになることをお勧めします。このインタビューでは、メキシコの E コマースの専門家であるデビッド・ベルナルド氏が、始まったばかりのメキシコのオンライン市場と、その成長への準備について貴重な情報を提供しています。

「メキシコの Eコマース市場は、急速な勢いで、メキシコ経済で最もダイナミックな成長を遂げている分野の一つになりつつあります。」と、ベルナルド氏はフォーブス誌の寄稿者であるナサニエル・パリッシュ・フラナリー氏に語っています。また、インタビューの後半では、「まだごく初期の段階にあるものの、この市場の潜在力は非常に高いと言えます。」と述べています。

現時点において、メキシコの小売総売上のうち E コマースの売上が占める割合は約 1% と推定されています (E コマースの売上が小売総売上に占める割合を他の国々と比較すると、米国では約 10%、ブラジルでは約 4% となっています)。しかし、その差は今後急速に縮まるでしょう。

「今後 24 か月以内に成長の転機が見られるものと確信しています。」とベルナルド氏は指摘します。

そう確信する理由を、同氏は次のように説明しています。メキシコの国民 1 人あたりの GDP は、(ラテンアメリカ経済をリードする他の国の一つである)ブラジルを 30% 上回っています。また、メキシコでは他のラテンアメリカの国々よりも容易にビジネスを行うことができます。さらに、メキシコは、スマートフォンの普及率がラテンアメリカ諸国中最も高くなっています。

このため、「多くの人々がインターネットの使用を増やし始めています。」とベルナルド氏は指摘。「いくつかの E コマース企業ではすでに、モバイルでの購入が全体の 30% を超えています。」

このことは、アマゾン、ベスト・バイ、ウォルマートといった米国の小売大手による E コマースへの多額の投資につながっています。ベルナルド氏によると、ロウズ、ホーム・デポ、オフィスマックスなど巻き返しを図る他の企業も、確実に市場に進出しつつあります。

また同氏は、昨年のオンライン販売額が 1 億ドルを超えた企業も数社あると述べています。

メキシコの小売業者もまた、気付き始めています。リバプールやエル・パラシオ・デ・イエロといった百貨店チェーンもまた「E コマースを重視し始めています。」とベルナルド氏。同氏はまた、成長と関心が高まっている例として、メキシコシティに本社を置く、アマゾンに似たオンラインマーケットプレイスを展開するリニオを挙げています。

ベルナルド氏によると、旅行業界でも成長が見られます。予約サイトのデスペガール、アエロメヒコ航空やインタージェットといった航空会社はオンラインで「高い売上」を記録しています。

しかしながら、市場にはもちろん課題もあります。メキシコでは現在、E コマースや IT 分野の開発について十分な訓練を受けた国内の人材が不足しています。また、メキシコ国内で作成および運営されている E コマースサイトは、アメリカで主流のウェブストアに見られる洗練さやスタイルを欠いている、とベルナルド氏は指摘しています。

メキシコ市場とますますオンラインに精通するその消費者、そして米国や他の国々の国際的企業にとっての成長のチャンスに関する弊社の見解は、ベルナルド氏の見解と一致しています。実際、同氏はフォーブス誌に「メキシコへの進出を目指す米国の小売業者にとって多くのチャンスがあることは明らかです。」と語っており、弊社もまさにその通りだと考えます。

しかしながら、インタビューの中でベルナルド氏が述べたある一つのコメントに関して、弊社は異なる意見を持っています。

メキシコシティに拠点を置くコンサルタントのベルナルド氏は、米国企業はメキシコ市場の「独特の習慣や文化の違いを理解」すべきであると警告するとともに、成功するためにメキシコ企業と緊密に連携することを提案しています。

「メキシコの E コマース市場への進出は、アメリカ企業と本格的な現地のパートナー企業との提携を通じて行うべきです。」と同氏は述べています。

しかし弊社の視点は異なります。ウェブサイトのローカライゼーションと最適化の分野を 15 年にわたってリードしてきた弊社は、他社には利用できない価値ある独自のデータと洞察を蓄積してきました。弊社は、共鳴的なローカライズによって、メキシコなど新しい市場に進出する企業の取り組みを完全なものにすることができると確信していますが、成功の秘訣は文化的な要素によるものではありません。

MotionPoint の見通し

弊社の分析によると、メキシコ人は、小売に関するほとんどの専門家が考えているよりもはるかに多くオンラインでの閲覧や購入を活用しています。そして皮肉なことに、メキシコ人が店舗でより多くの時間と金額を費やすことの妨げとなっている要因は、小売業者自身にあるのです。

MotionPoint は数十の業界にわたる数百社の企業と提携し、各社の一般市場向け英語ウェブサイトを他の言語に翻訳しています。また、それらのウェブサイトのコンテンツを最適化して、エンゲージメントと転換率を最大化します。

弊社は最近、弊社が日々運用する約 500 のスペイン語サイトについて、トラフィック、エンゲージメント、および収益のデータを分析しました。これらのサイトの大部分は、スペイン語を話す米国のヒスパニック系住民とのつながりを確立するための各社の取り組みに対応しています。

しかし、弊社の分析から、これらの企業が、オンラインでのメキシコ人消費者の行動と購入からも利益を得ていることが分かっています。ここで注目すべき点は、米国のヒスパニック系消費者とメキシコの消費者との文化的違いに対応するために特別な努力がなされているわけではない、ということです。

米国を拠点とする約 500 のスペイン語サイトを対象としたデータによると、全世界からのこれらサイトへの総アクセスのうち、メキシコからの訪問は約 13% を占めています。しかし、スペイン語圏の他の国々からのトラフィックを除外すると、メキシコからのアクセスは、これら米国のスペイン語サイトへの総トラフィックの約 40% を占めています (その他は当然ながら米国内からのアクセスです)。

これは非常に大きなチャンスです。そして E コマースサイトのみのエンゲージメントを観察すると、さらに魅力的なチャンスであることが分かります。MotionPoint が運営する米国のスペイン語版 E コマースサイトへの総トラフィックのうち、メキシコからのアクセスは 15% を占めています。そしてスペイン語圏の他の国々を除くと、これらのサイトへのメキシコからのアクセスは 50% 超に達します

この相関関係は明らかです。スペイン語のウェブサイトを開設する米国企業は、米国のヒスパニック系住民から得られる利益だけでなく、さらに多くを期待しているのです。メキシコの消費者がこれらのサイトを利用していることは間違いありません。実際、こうしたトレンドについて弊社が最近発表した記事でも指摘しているように、米国のスペイン語サイトはラテンアメリカ地域全体の顧客との新たなビジネスにとって強力なゲートウェイとなっています。

また、米国のヒスパニック系消費者とメキシコの消費者とで平均注文金額を比較すると、新たな発見がありました。弊社では数年前から、米国のヒスパニック系消費者の 1 回の注文金額は米国平均よりも 18% 多いことを把握していました。ところが、メキシコの消費者の平均注文金額は米国ヒスパニック系消費者よりもさらに 93% 多いのです。

メキシコの消費者が米国のスペイン語サイトをこれほどまでに利用しているのなら、なぜより多くの小売業者がこのことに気付いていないのでしょうか。それは結局のところ、注文量がまだ少ないからかもしれません。米国のヒスパニック系消費者と比較すると、転換率は約 40% 低くなっています。

先ほども述べたように、弊社の調査によると、これは文化的ではなく言語的な問題です。そして、物流の問題です。

予想通り、米国のスペイン語サイトの大部分はメキシコの消費者向けに最適化されていません。メキシコの消費者を対象とした場合の問題点として以下が挙げられます:

  1. メキシコ国内での支払い方法に対応していない
  2. 通貨換算ツールが提供されていない
  3. 海外で使用できるクレジットカードが一部の買い物かごソフトウェアにより自動的にブロックされている
  4. メキシコへの配送オプションが提供されていない

これらの(そして他の)問題は、関心を持ってくれる可能性のある消費者の前に立ちはだかる大きな障害であり、米国企業はこのために売上の機会を逃しているのです。

しかし、ウェブサイトのローカライゼーションを提供する適切なパートナーと提携すれば、企業がこれらの問題に対応するのは簡単です。たとえば、MotionPoint のソリューションならば、これらの問題の多くに対してすぐに、そして容易に対応できます。

米国企業は、(現地のベンダーやストラテジストのサービスを利用してローカライズしたサイトを開設する際に必要となるよりはるかに少ない)いくらかの努力と投資により 1 つのスペイン語版ウェブサイトを作ることで、拡大し続けるメキシコ市場、そして繁栄する米国のヒスパニック市場やラテンアメリカの全ての国々とつながり、これらの市場に商品を配送することができます。

ベルナルド氏がフォーブス誌の最近のインタビューで語った言葉をここに引用します。「重要なのはビジョンを持っているかどうかということです。」そして同氏は次のように続けます。「この市場は飽和状態になるにはまだほど遠いのですが、多くのチャンスがあります。しかし、この状態は長くは続かないでしょう。」

「数年後には、もっと早くメキシコ市場に進出すればよかったと後悔する企業が出てくることでしょう。」同氏はこのように結論付けています。

メキシコへのオンラインビジネスの拡大をお考えなら、弊社までお問い合わせください。弊社のチームは数百のスペイン語サイトを運営しています。また貴重なベストプラクティスにより、成長を続けるメキシコ市場や、他のラテンアメリカ各国の市場への参入を支援します。

 

Chris Hutchins

マーケティング コミュニケーション スペシャリスト

Chris Hutchins helps produce MotionPoint's marketing and sales materials.

 

MotionPoint について

MotionPoint は、世界中の市場にいる新規顧客の暮らしに魅力と活力を与えることで、ワールドクラスのブランドの成長を支援します。

MotionPoint のターンキープラットフォームは、革新的な技術、ビッグデータ、世界に通用する翻訳チーム、国際マーケティングの専門知識と融合し、世界で最も効果的なウェブサイト翻訳サービスをもはるかに超えた価値を生み出しています。MotionPoint のアプローチは、これまでになく競争の激化するオンライン / オフラインの世界市場で成功するために必要な品質、セキュリティ、拡張性を保証します。

 

世界をリードするエンタープライズ グローバリゼーション プラットフォーム

お問い合わせ