MotionPoint、プロキシベースのローカライゼーションについて業界トップとしての見解を語る
 
MotionPoint 画像投稿者:MotionPoint
2015年10月20日

MotionPoint、プロキシベースのローカライゼーションについて業界トップとしての見解を語る

言語サービスプロバイダー (LSP) 業界のニュースサイト「スレイター」が最近、ウェブサイトのローカライゼーションについて MotionPoint 顧客サービス担当上級副社長の洞察を特集しました。

 

言語サービスプロバイダー業界のニュースサイトスレイターが最近、ウェブサイトのローカライゼーションにプロキシベースのアプローチを取り入れることについて検証した記事のなかで、MotionPoint 顧客サービス担当上級副社長チャールズ・ホワイトマンの洞察を紹介しました。

MotionPoint はプロキシベースのアプローチの草分け的存在として広く知られています。

ホワイトマンは、このアプローチにまつわる複数の誤解を払拭しました。そのなかで、複雑でコンテンツが充実した大企業サイトへの対応力についても触れています。またプロキシベースのアプローチでは、言語対応の検索エンジン最適化と URL 最適化によって、トラフィック獲得と集客の面で申し分のない効果が得られると語っています。

記事全文はスレイターでご覧ください。

 

MotionPoint について

MotionPoint は、世界中の市場にいる新規顧客の暮らしに魅力と活力を与えることで、ワールドクラスのブランドの成長を支援します。

MotionPoint のターンキープラットフォームは、革新的な技術、ビッグデータ、世界に通用する翻訳チーム、国際マーケティングの専門知識と融合し、世界で最も効果的なウェブサイト翻訳サービスをもはるかに超えた価値を生み出しています。MotionPoint のアプローチは、これまでになく競争の激化するオンライン / オフラインの世界市場で成功するために必要な品質、セキュリティ、拡張性を保証します。

 

世界をリードするエンタープライズ グローバリゼーション プラットフォーム

お問い合わせ