近づく光棍節(シングルデー)
 
クリス・ハッチンスの写真投稿者:クリス・ハッチンス
2015年11月05日

近づく光棍節(シングルデー)

中国の消費者は昨年、1 日で 90 億ドルを買い物に費やしました。11月11日、世界最大のオンラインショッピングデーが間近に迫りつつあります。御社は対策を進めていますか?

 

光棍節(シングルデー)が刻々と近づくなか、中国のオンライン販売業者は11月11日のセールスホリデーに向けて、広告、プレセール特売、そして積極的なソーシャルメディアマーケティングを展開しています。

期待はすでに最高潮に達しています。光棍節のハッシュタグ #Double11# は中国のソーシャルネットワーク「微博」で、1ヶ月以上もトレンド入りし続けており、数十億回のインプレッションを生み出しています。 また中国のオンライン買い物客の約 90% が、当日の購入を計画しています。

この E コマースセールスイベントの規模は、欧米消費者の理解の範囲を超えています。昨年は 20 億ドル以上に相当する商品が、当日の最初の 1 時間で売れました。

何がこの狂乱をかきたてているのでしょうか?光棍節ではスマートフォンから醤油まで、事実上あらゆる製品カテゴリーの商品が大幅に値引きとなり、値引率が 50% を超えることも珍しくありません。これらのセールのほとんどは、Alibaba Group Holding が所有する Tmall や Taobao などのオンラインモールで展開されます。

昨年は、これらのバーチャルモールだけで、光棍節関連のセールで 93 億ドルの売上高を記録しました(2013年と比較して 60% 増)。一方、昨年の米国におけるブラックフライデーおよびサイバーマンデー中の合計売上高は、その半分にも及ばない、約 40 億ドルでした。

11月11日から数週間たった後も、中国の配送サービス業者は 2 億 7,800 万個以上の荷物を顧客に届けるという負担に苦しむことになりました。これは中国人の 5 人に 1 個という割合です。

中国の企業だけに留まらず

今のところ光棍節で最も成功しているのは中国のブランドです。しかし、経験豊かな欧米の企業も参入に乗り出しつつあります。

Alibaba は昨年、Tmall プラットフォームを海外ブランドにも開放しました。Costco、American Eagle Outfitters、Calvin Klein など、いくつかの米国企業が中国向けバーチャルストアを立ち上げました。 あるレポートによると、Adidas や Nike といったスポーツブランドが Alibaba のスポーツアパレル カテゴリー売上ランキングの上位 2 位を占めています。Apple は電子機器カテゴリーの上位 5 位に入っています。そして「マザー & ベイビー」製品カテゴリーでは Kimberly-Clark (オムツブランド Huggies のメーカー)と Disney がトップセラーです。

今年、Alibaba の門戸はさらに大きく広げられようとしています。 Macy's、英国を拠点とする小売業者の House of Fraser やスーパーマーケットの Sainsbury's、そして P&G や Unilever といったその他グローバル企業など、世界各地の 15,000 を超えるブランドが参入する見込みです。これらお欧米企業は、商品情報を中国人消費者向けに上手くローカライズしています。

消費者が Alibaba が所有するオンラインモールに殺到する理由は主に、2009年に Alibaba が初めて光棍節をショッピングイベントとして普及させたためです。しかし、中国の他のバーチャルモール(JD.com など)や他の E コマース企業もまた、独自の光棍節セールを打ち出しています。

また中国のオンライン市場に進出済みの、ブランド独自のE コマースウェブサイトを有する欧米企業も参入しています。

これらの企業の一部は MotionPoint のお客様です。参入ブランドのサイトでは、光棍節にトラフィックと転換率が大幅に急増します。ウェブサイトのトラフィックは、通年での 1 日平均の 82% 増と飛躍的に上昇し、 転換率は年平均と比べて 10% 急増します。

2013年から2014年にかけて、これらの企業のサイトはトラフィックが前年比で約 70% 増加しました。光棍節にこの市場に参加し、中国語に対応するだけの価値は大いにあると言えます。

ささやかな始まり

今や慣例化したようにみえる光棍節ですが、公式の祝日ではありません。この日は、1990年代に中国の大学生が自分がシングルであることを祝うために考案された、一種のアンチ・バレンタインデーです。光棍節(中国では「何にもない棒の祝日」としてより知られている)は、11月11日という日が 1、1、1、1 と 1 (棒)が並ぶ見た目から名付けられました。

(興味深いことに、この日は中国人消費者からしばしば「Double 11」と呼ばれています。これは Alibaba Group が生みだしたマーケティング用語で、2012年に商標登録されています。Alibaba が所有する Tmall と他のモールのみが「Double 11」を広告で使用できます。これは「米国政府がバレンタインデーという言葉を使用する独占権をウォールマートに与える」ようなものだと、コラムニストが驚きをもって語っています)。

2016年に向けたヒント

今年の光棍節に間に合うよう中国市場に参入するのはもう手遅れかもしれませんが、2016年に向けて準備するには十分な時間があります。11月11日の光棍節の前から、そしてそれ以降も、中国人消費者と上手くつながるためのいくつかの方法をご紹介します。

光棍節(シングルデー)はすでに単身者だけのものではない:近年、Nielsen N.V. の調査によると、光棍節の買い物客の 60% 以上が既婚者です。

光棍節は多様な企業が参入可能:多様な商品カテゴリーのブランドが、このセールイベントの機会を利用することができます。 あるレポートによると、最も人気のあるカテゴリーは「衣料品およびアクセサリー、化粧品およびパーソナルケア製品、家庭用品、家電、食品および飲料」です。

中国市場向けにブランド独自のサイトをローカライズ:中国では英語が流暢な人も珍しくはありませんが、多くの消費者は中国語しか話せません。これはつまり、デジタルショッピング体験を中国語対応にする必要があるということです。一流のプロが翻訳を手がけたウェブサイトのコンテンツは、その他のソリューション(機械翻訳や翻訳者による低品質の翻訳)が成し得ない様々な成果をもたらします。

商品説明をローカライズする: ブランド独自のE コマースサイトではなく Tmall のようなバーチャルモールを活用することを選んだ場合でも、中国人消費者の共感を呼ぶにはコンテンツの翻訳が必要です。

ローカライズしたオンライン体験をモバイル対応に: 昨年、全商品価値に占めるモバイル経由の売上高は、2013年の 21% から 42% へと上昇しています。あらゆる指標において、Mコマースの継続的な拡大が顕著に示されています。

ソーシャルメディアの活用: 中国のソーシャルメディアネットワーク(微博など)を御社のサイトのプロモーション戦略およびマーケティング戦略に取り入れましょう。MotionPoint のお客様のサイトでは、インバウンドのソーシャルネットワークユーザーは参照トラフィックの 30% 超、すべての収益の 10% 超を占めています。そして、この数字は上昇し続けています。

決済業務の対応を確認: 立ち上げの前に、必ず決済プロセスを確認しましょう。配送オプションから出荷ラベルの中国の住所まで、中国人消費者に対応できるようプロセスを調整する必要があります。

中国の通貨および支払いオプションの対応: 中国においてクレジットカードや PayPal は標準的な支払いオプションでない場合が多々あります。Alipay など中国人が好むプラットフォームに対応できるようにしましょう。Alipay への対応を取り入れた弊社のお客様は、転換率が 217%、収益が 210% それぞれ急増しています。

 

Chris Hutchins

マーケティング コミュニケーション スペシャリスト

Chris Hutchins helps produce MotionPoint's marketing and sales materials.

 

MotionPoint について

MotionPoint は、世界中の市場にいる新規顧客の暮らしに魅力と活力を与えることで、ワールドクラスのブランドの成長を支援します。

MotionPoint のターンキープラットフォームは、革新的な技術、ビッグデータ、世界に通用する翻訳チーム、国際マーケティングの専門知識と融合し、世界で最も効果的なウェブサイト翻訳サービスをもはるかに超えた価値を生み出しています。MotionPoint のアプローチは、これまでになく競争の激化するオンライン / オフラインの世界市場で成功するために必要な品質、セキュリティ、拡張性を保証します。

 

世界をリードするエンタープライズ グローバリゼーション プラットフォーム

お問い合わせ