世界進出に必須のスクリーン対応
 
クリス・ハッチンスの写真投稿者:クリス・ハッチンス
2015年9月25日

世界進出に必須のスクリーン対応

またスマートフォンが世界で急速に普及しつつあることも一因です。企業のローカライズ済みコンテンツがどのデジタル媒体でも一貫して正確に表示されるようにするための賢明な方法とは、一体どんなものでしょうか。

 

複数の画面とデバイスを使ってコンテンツを消費する人が世界的に増えています。スマートフォン、タブレット、デスクトップパソコンなど様々な媒体を通して、英語以外の言語でも一貫したクオリティの高いウェブサイトが利用できるようになりました。

このことが今、世界規模で事業を展開する見識ある企業に、海外向けコンテンツのローカライズをすべての媒体で徹底しなければならない、という興味深い課題を突きつけています。

しかし、すべてのデバイスで一貫性のあるローカライズ済みのウェブサイトを提供するのがビジネスにとって良いのはなぜでしょうか。

その理由として第一に、コンテンツの消費形態がここ数年で根本的に変化したことがあります。昨年、モバイルウェブサイトのトラフィックはデスクトップコンピュータを圧倒的に上回り、その数字は増加傾向にあります。

またスマートフォンが世界で急速に普及しつつあることも一因です。なかでも、スマートフォン市場の伸びが世界第 3 位のベトナムでは今年だけで 25% 近い成長を記録し、今では大人 10 人中 9 人がスマートフォンを所有するほどになりました。これに対しては企業も動いています。海外向けのモバイル広告の支出が拡大しており、 メキシコを例にとると、今年のモバイル向けインターネット広告支出は 76% 増加し、3 億 9,000 万ドルに達する見込みです。

そのほか、世界中の消費者がスマートフォンとタブレットに長時間を費やしているという現状もあります。14 か国の 14,000 人を対象に実施された2014年の調査では、モバイルデバイスを使ってメディアを消費する時間がテレビの視聴時間を上回るケースが大半であることが分かりました。また、インターネットへの接続について、常にモバイルデバイスから、またはほとんどがモバイルデバイスからと答えた人が 60 % にのぼりました。

第 2 のスクリーンとしての端末利用も世界的に増えています。回答者の 61 % がテレビを見ている間にモバイルデバイスを利用しており (米国では約 95%)、これらの人々はテレビの合間にテキストメッセージの送受信やソーシャルネットワークのチェック、ショッピングなどを行なっています。

普及、消費、エンゲージメントにおけるこういった傾向が重なったことで、とりわけ国際市場進出の第一歩を踏み出した企業の前途は大きく開けました。

とは言っても、企業のローカライズ済みコンテンツがどのデジタル媒体でも一貫して正確に表示されるようにするための賢明な方法とは、一体どのようなものなのでしょうか。

ステップ 1:「レスポンシブデザイン」への適応

ウェブサイトの基盤として理想的なのがレスポンシブデザインです。レスポンシブデザインはウェブサイトにおけるベストプラクティスとして、すでに多くの企業が最重要市場である英語版サイトに導入しています。レスポンシブウェブデザインでは、コンテンツのサイズ、解像度、表示方向を使用画面に合わせて最適化して表示することで、ユーザーが使用するデバイスに臨機応変に対応します。

このデザイン設計が入念に行なわれれば、デスクトップブラウザ、タブレット、携帯電話ともにコンテンツのクオリティが抜群に高くなります。

レスポンシブデザイン(画像:Google 提供)

このレスポンシブデザインを最重要市場向けのサイトに導入していない企業にとって一大事となったのが、今年4月に実施された Google のモバイルフレンドリー・アップデート(通称「モバイルゲドン」)でした。このアルゴリズム変更で、モバイル対応のウェブサイトがモバイルデバイスの検索結果で上位に表示されるようになり、モバイル対応でないサイトには悪影響が出ました (現段階のデータによると、Reddit 社 (-27%)、NBC スポーツ (-28%) をはじめとする複数のサイトが大幅なトラフィック減を経験しています)。

このアップデートはローカライズされた国際市場向けウェブサイトにも影響を与えました。最近の MotionPoint の調査でも明らかになりましたが、グローバルサイトでのモバイル対応のベストプラクティス導入を怠った企業ではモバイルサイトにおけるインプレッション数が 20% 落ち込み、全体としても 17% の低下となりました。残念としか言いようがありません。

レスポンシブデザインの特長はその素晴らしい柔軟性にあります。デジタルマーケティング会社、クリックシードのジム・ロビンソン氏によると、こうしたサイトは導入時にトラブルが生じにくいだけでなく、 いったん立ち上げると保守が簡単で低コストだと言います。レスポンシブデザインでは「ひとつのサイトにすべてが集約」されるため、複雑な注釈が不要なほか、デバイス検知やリダイレクトを行なう必要もありません。

ただ、この手法はデザインに慎重なアプローチが求められ、立ち上げにあたっては多くのリソースを必要としがちです。「しかし、ここで発生するコストは相対的なもの」と MotionPoint グローバル グロース チームのグローバル オンライン ストラテジスト、ローガン・レンズは補足します。

「レスポンシブウェブサイトは、構築により多くのコーディングを必要とします。しかし、それは家の基礎をしっかり作るのと同じことです。基礎がきちんと組まれていれば、後々『2 階』部分を増設したいと思ったときにも対応できます。保守にかかる日常的かつ定期的なコストは、企業にとって些細なものに過ぎません。ファイル数は最低必要限で済み、 サーバーの追加も不要。ひとつのウェブサイトがすべてに対応します。」

ここで注意したいのが、レスポンシブウェブサイトはモバイルサイトとは違うということです。モバイルサイトはモバイルを中心とした真のユーザー体験を提供できるため、一般的にはレスポンシブデザインの手法よりも優れています。しかし、この巧みなウェブサイトによる演出には代償もあります。これらのサイトは個別の URL を持っていることから、自然検索(オーガニック検索)をすり抜けてしまう場合があります。リンクの価値も下がり、検索に影響が出ます。また保守にかかるコストも高くなります。

ローガンは、Google が勧めるのはレスポンシブウェブサイトだと強調しています。

「ひとつのドメイン上に作られた主力サイトで、あらゆるデバイスのユーザーに対応。これこそが取るべき道です。」

ステップ 2:プロキシベースのローカライゼーション

最重要市場の英語サイトに現在レスポンシブデザインを取り入れて運営している企業は、「1 サイト多画面」の課題に順調に取り組んでいます。その一方で、こうした企業の多くは国際サイトの立ち上げが二度手間になることを恐れています。つまり、メインではない数多くの市場向けに、一層の労力とコストを投じて「派生的な」レスポンシブサイトも多数デザインしなればならないのではないか、という懸念です。

しかし、それには及びません。プロキシ型アプローチというウェブサイトのローカライゼーション手法(MotionPoint が 15 年前に開発)があり、あらゆるウェブサイト管理システムとデザインにうまく対応するようになっています。このローカライゼーションはプラットフォームに依存しない手法で、企業が所有するコンテンツ管理システムやデザインの方針に関わらず、企業のウェブサイト内で独立して安全に機能します。したがって、翻訳済みサイトの立ち上げと保守を簡単に早く、コスト効率よく行なうことができるわけです。

MotionPoint 独自のプロキシ・プラスによるウェブサイトのローカライゼーションは、独自ツールと技術、エキスパートの人材を駆使することでこのメリットをさらに拡大し、企業の国際市場における持続的成長を可能にしています。

プロキシ・プラスを用いてローカライズを行なったサイトでは、効果に大きな差が現れます。使用言語検知やユーザー体験の最適化といった独自の技術によって、ウェブサイトが市場ごとの訪問者に合ったものとなり、こうした最適化の成果が数値となって現れます。

レスポンシブウェブデザインとこのアプローチを併用することで、共鳴性のあるローカライズ版コンテンツを世界に向けて配信できるほか、あらゆるデバイスに合わせて表示が最適化されます。また、最重要市場の英語サイトで「ひとつのサイトにすべてが集約」の原則が徹底されているため、国際サイトの運営も足並みが揃って楽になるでしょう。

ローガンはこう語ります。「今はすべてのウェブサイトがレスポンシブデザインで作られるべきだというのが本音です。言語は何であれ、デスクトップ向けのサイトを未だにモバイル利用者にも提供しているようでは、顧客は確実に離れていきます。新しい顧客と収益獲得のチャンスを逃しているも同然です。」

 

Chris Hutchins

マーケティング コミュニケーション スペシャリスト

Chris Hutchins helps produce MotionPoint's marketing and sales materials.

 

MotionPoint について

MotionPoint は、世界中の市場にいる新規顧客の暮らしに魅力と活力を与えることで、ワールドクラスのブランドの成長を支援します。

MotionPoint のターンキープラットフォームは、革新的な技術、ビッグデータ、世界に通用する翻訳チーム、国際マーケティングの専門知識と融合し、世界で最も効果的なウェブサイト翻訳サービスをもはるかに超えた価値を生み出しています。MotionPoint のアプローチは、これまでになく競争の激化するオンライン / オフラインの世界市場で成功するために必要な品質、セキュリティ、拡張性を保証します。

 

世界をリードするエンタープライズ グローバリゼーション プラットフォーム

お問い合わせ