タッチダウン!スーパーボウルで盛り上がるヒスパニック系消費者のピザ注文が増加
 
クリス・ハッチンスの写真投稿者:クリス・ハッチンス
2016年2月09日

タッチダウン!スーパーボウルで盛り上がるヒスパニック系消費者のピザ注文が増加

この一大イベントの開催中、米国のヒスパニック系消費者がオンラインで注文したピザの売上状況について MotionPoint のアナリストが調べました。結果は「上昇」。では、去年と比べると?

 

先週はインフォグラフィックを掲載し、スーパーボウル開催中にスペイン語を話す消費者がオンラインで注文したピザの売れ行きについてお話ししました。インフォグラフィックでは、ヒスパニック系消費者によってもたらされた2015年の売上データを紹介しました。

スーパーボウルは NFL だけでなく、ピザの宅配チェーンにとっても 1 年の勝敗を決める決戦の日です。 ところが2015年のスーパーボウルはここ数年と違って、ヒスパニック系消費者によるピザのオンライン注文が No. 1 にはなりませんでした。

それも、惜しいどころではありません。なんと2015年は、アカデミー賞やハロウィーンなど、エンターテインメント性の高いイベント、ホリデーの方がスーパーボウルの売上を上回ったのです。

今年で第 50 回を迎えたスーパーボウルの決戦も終了しました。では、ヒスパニック系消費者のオンライン注文によるピザの売れ行きは2015年と比べてどうだったのでしょう?実はあの日曜日の勝者はブロンコスだけではありませんでした。ピザの売上も前回(スーパーボウル XLIX)の記録を颯爽と破り、再び快挙を遂げたのです

主な結果をご紹介します。

  • 取引回数 59% 増
  • 収益 66% 増
  • 平均注文金額 5% 増 / 28.10 ドル

他社と比べてより好調なピザチェーンもありました。以下は今回の最高記録です。

  • 取引回数 92% 増
  • 収益 107% 増
  • 平均注文金額 8% 増

また、ヒスパニック系消費者のピザのオンライン売上は、2015年の売れ行きの良かった日をすべて圧倒する形になりました。ここに、スーパーボウルを主なホリデー・イベント 2015 つと比較しました。

  • バレンタインデーと比較:収益は 190% 多く、取引回数も 176% 超
  • 大晦日と比較:収益 228% 以上、取引回数 230% 超
  • ハロウィーンと比較:収益 35% 増、取引回数 27% 超
  • アカデミー賞と比較:収益 80% 増、取引回数 56% 超
  • 11月21日(2015年最も業績が良かった日)と比較:収益 12% 増、取引回数 7% 超

今月終わりのアカデミー賞で逆転がない限り、スーパーボウルは2016年の売上トップの座にとどまることになるでしょう。見事な返り咲き、 「タッチダウン」です!

 

Chris Hutchins

マーケティング コミュニケーション スペシャリスト

Chris Hutchins helps produce MotionPoint's marketing and sales materials.

 

MotionPoint について

MotionPoint は、世界中の市場にいる新規顧客の暮らしに魅力と活力を与えることで、ワールドクラスのブランドの成長を支援します。

MotionPoint のターンキープラットフォームは、革新的な技術、ビッグデータ、世界に通用する翻訳チーム、国際マーケティングの専門知識と融合し、世界で最も効果的なウェブサイト翻訳サービスをもはるかに超えた価値を生み出しています。MotionPoint のアプローチは、これまでになく競争の激化するオンライン / オフラインの世界市場で成功するために必要な品質、セキュリティ、拡張性を保証します。

 

世界をリードするエンタープライズ グローバリゼーション プラットフォーム

お問い合わせ