ディズニーの最新テーマパークに学ぶ事業戦略
 
クリス・ハッチンスの写真投稿者:クリス・ハッチンス
2015年7月28日

ディズニーの最新テーマパークに学ぶ事業戦略

上海ディズニーランドは、一旦開園すればリゾートの主力事業になると予想されています。海外へ進出する企業は、ディズニーの細部に行き届いた目と文化的感受性から学べるものがあります。

 

来春、ウォルト・ディズニー・カンパニーが中国の国有企業団体と 55 億ドルをかけて入念に作り上げたアミューズメント施設、上海ディズニーリゾートが中国浦東区にオープンします。その大きさは香港ディズニーランド・リゾートの 3 倍以上。この壮大なプロジェクトは極めて大胆で、テーマパークファンにとっては非常に魅力的です。

最近のブルームバーグの記事も伝えていますが、このリゾートから車で 3 時間圏内に住む人の数は 3 億 3,000 万人と言われています。施設経営側は、初年度の入場者数を 1000 万人程度と見込んでいます。次第に経済力を強めながら拡大しつつある中国の中流階級に、ディズニーが大きく期待していることは明らかです。

実際にオープンするまでの間に、現地の消費者を早々に獲得した上海ディズニーリゾート。ディズニーがどのようにしてそれを実現したかを知ることは、中国のような新しい国際市場への事業拡大を視野に入れる企業にとって賢明な策と言えるでしょう。

上海ディズニーランドは、一旦開園すればリゾートの主力事業になると予想されています。特に興味深いのは、同施設が中国の人々の文化とエンターテイメントにおける好みをデザインと装飾に取り入れている点で、そこには海外事業を見据えた素晴らしい見識がふんだんに生かされています。

グローバルなブランド、身近な趣向

ストーリーブルック城のゴールドの牡丹
ストーリーブック城のゴールドの牡丹

たとえば、同施設にあるシンデレラ城に似た「ストーリーブック城」の最上部にある金色の尖塔の先端には、中国の国花で気高さや幸運を意味する牡丹の彫刻が用いられています。(ストーリーブック城はディズニーがこれまで建設したなかで最も大きな城です)。

ディズニーの公式ブログ「ディズニー・パークス・ブログ」に5月に掲載された記事によると、ストーリーブック城は「中国の人々のために特別にデザインされたもの」で、世界各地と国内の専門家の意見を取り入れたとしています。その他の尖塔には、「中国で縁起がよいとされる伝統的な雲模様を使用した」ということです。

それだけではありません。ブルームバーグは、「細かいところまで、すべてが中国本土にまつわる数々の歴史と風習を表現している。」と述べています。

これはパーク自体のデザインにも見ることができます。上海ディズニーランドの中心部にある 11 エーカーの庭園がそのひとつです。「Garden of the Twelve Friends(12 匹のお友だちの庭)」と呼ばれるこの庭園は、中国の十二支がモチーフになっています。ここではくまのプーさん、 トラのティガー、バンビ、うさぎのサンパーなど、ディズニーのキャラクターが十二支それぞれのシンボルに使用されています。(西洋の大型テーマパークで、このような趣向を凝らしているところはほかにあるでしょうか?)

ディズニーの Robert Iger 会長はこのほど開かれた記者会見で、「私たちは、本物のディズニーの世界でありながら中国がしっかり感じられる、そんな空間を作っているのです」と話しています。続けて、「中国のディズニーランドという前提に変わりはありませんが、中国文化を心から尊重し、中国の人々が親しめるものを目指しています。」としています。

「A Whole New World」を体現

これらは、偶然の思いつきではありません。中国の文化、そしてその独特な趣向と佇まいが、パークの根幹に取り入れられています。たとえば、中国のテーマパーク利用者は、ライブエンターテイメントを楽しみにしているため、同施設ではショーをふんだんに取り入れる予定です。また、中国のテーマパークでは、子供の利用者 1 人に対して大人が 4 人という比率を考慮し、大人が腰を下ろして休める場所や食事ができる場所も数多く設置されることになっています。さらに、中国のテーマパークで横行している列への割り込み対策として、ディズニーランドでの待ち列エリアは、こうした行為を防ぐための特別な設計になっています。他にもさまざまな工夫がなされています。

アジアの時事ニュースを扱うザ・ディプロマットによると、施設のアトラクションの多くは、中国で大ヒットしたディズニー映画やディズニー所有の知的財産がテーマになっています。

最近公開され、中国で史上 3 番目の興行収入を上げた「アベンジャーズ / エイジ・オブ・ウルトロン」の影響もあり、マーベル関連作品がアトラクションに採用されると同記事は伝えています。また、2010年の「トロン:レガシー」は米国では失敗に終わりましたが、中国では大成功を収めたため、これも同じくアトラクションに採用されるとのことです。映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズは最近、米国よりも海外で健闘しました。上海のパークの一角は、このパイレーツ・オブ・カリビアンをテーマにしています。

MotionPoint の見通し

メッセージはもうお分かりいただけたでしょう。新しいオンライン市場に参入する際、こういった市場の文化や趣向を無視すると、チャンスはないも同然になってしまいます。実際、ディズニー自身も1992年、パリにディズニーランドを開園した際にワインをメニューに入れず、痛烈な批判を浴びています。(なんということでしょう)。

MotionPoint は何百という企業の海外市場への参入を支援してきました。市場の数は何十にも及びます。グローバル市場で成功するためには、新しい消費者に、彼らが好む言語でウェブサイトを提供することが重要です。しかし、翻訳だけでは継続的な事業の成長は望めないということも弊社は経験しました。有名な映画のセリフにもあるように、「Just because you build it doesn't mean they'll come.(作ったからといって彼らがやってくるわけじゃない)」、ということなのです。

そこで、オンラインで海外市場参入を強力かつ有利に行なうコツをご紹介します。

ソーシャルメディアの活用

世界中の消費者が商品のチェックと購入に利用しているソーシャルネットワーク、その様子はまさに革命的です。英語が使われる主要な市場に向けて、ソーシャルメディアによるマーケティングにリソースを投じる機会があれば、ぜひ新しい海外市場もご検討ください。

労力が無駄になることはありません。1 年ほど前に中国のオンライン市場に参入した MotionPoint のお客様を例にとります。この企業は WeChat、Weibo、QQ といった現地で人気のソーシャルネットワークの機能を自社サイトにうまく取り入れました。すると、3 ヶ月で次のような現象が起こりました:

  1. 中国語サイトへのすべての参照トラフィックのうち 30% がソーシャルメディアサイト経由に
  2. これらの利用者は 1 回の訪問で平均 5.35 元を消費
  3. 参照トラフィックも含めた、この企業の中国語サイトへの全トラフィックの 10% がソーシャルメディア経由に
  4. このトラフィックが中国語サイトの全収益に占める割合が約 10% となる

これらの結果は、特にこの西洋の企業が中国の消費者にとってまだ馴染みがないことを考えると、強力なものであることが分かります。

現地通貨による決済への対応を

海外向けのサイトがクレジットカードにしか対応していなければ、それは門戸を閉ざしているようなものです。再び中国の例を見てみましょう。中国では現地通貨で決済を行なうケースが多く、クレジットカードの利用はそれほど普及していません。むしろ Alipay などの eウォレットが非常によく利用されています。

MotionPoint は昨年、この Alipay での支払いオプションを中国語サイトに追加したいという小売業者 2 社を支援しました。その後、転換率と収益は爆発的に増加しました。以下はその結果です(数値は平均)。

  1. 転換率が一気に 217% 増加
  2. 取引 1 回当たりの購入数が一気に 33% 増加
  3. 収益が 210% アップ

一様ではない UX(ユーザーエクスペリエンス)

上海ディズニーランドの開園に向けた取り組みをよく見てみると、文化に非常に細かく配慮していることが分かります。つまり、分かりきったこと以外にも気配りをする企業は、消費者に強いインパクトが与えられるということなのです。海外向けサイトにも同じことが言えます。

弊社の勧めで最近中国のオンライン市場に参入したもう一つの弊社顧客企業の例をご紹介します。弊社が勧めたのは、ローカライズされたサイトの中国語の文字サイズを大きくし、消費者にとってより馴染みやすく読みやすい環境を作る、というものでした。

一見取るに足らないとも思われがちなこの微調整が、目覚ましい結果をもたらします。なんと訪問 1 回あたりの閲覧ページ数が 25% 近く増加したのです。そして直帰率は激減、 おまけに転換率が 300% 近く向上しました。

おわりに

今日、海外向けサイトの翻訳のみを行なっても、業績の向上はあまり期待できません。微妙な点に配慮したローカライズが大きな効果を生みます。

ある専門家はブルームバーグ で最近、「その地域の文化を理解して尊重し、さらに顧客が期待するものを提供できるよう努めなければならない。」と話しています。

翻訳だけに止まらないサービスを提供するベンダーと提携し、世界中の新しい顧客と末長い関係を築いていきませんか。 今すぐ弊社にご相談ください。 また、弊社が「グローバルな成長」の手法を用いて何百もの企業をどのように支援してきたかについてもご覧ください。

 

Chris Hutchins

マーケティング コミュニケーション スペシャリスト

Chris Hutchins helps produce MotionPoint's marketing and sales materials.

 

MotionPoint について

MotionPoint は、世界中の市場にいる新規顧客の暮らしに魅力と活力を与えることで、ワールドクラスのブランドの成長を支援します。

MotionPoint のターンキープラットフォームは、革新的な技術、ビッグデータ、世界に通用する翻訳チーム、国際マーケティングの専門知識と融合し、世界で最も効果的なウェブサイト翻訳サービスをもはるかに超えた価値を生み出しています。MotionPoint のアプローチは、これまでになく競争の激化するオンライン / オフラインの世界市場で成功するために必要な品質、セキュリティ、拡張性を保証します。

 

世界をリードするエンタープライズ グローバリゼーション プラットフォーム

お問い合わせ